】最近入社した従業員から高年齢者がもらえる給付金の申込用紙を持ってきたのですが・・・<コンサルタント 松岡藍>

みなさん、こんにちは。
社会保険労務士法人エフピオの松岡藍です。

今回は顧問先様から「最近入社した従業員がこのような給付金の申込書を持ってきたのですが、そもそもこれは何のお金ですか?」といったご質問をいただきました。申込書を拝見すると、「高年齢雇用継続給付支給申請書」でした。そこで今回は来年の法改正も合わせて整理していこうと思います。

高年齢雇用継続基本給付とは

 ざっくりいうと60歳以降も雇用され、賃金が減額された場合、一定額を給付する制度です。受給条件は、主に以下の4つです。

① 60歳以上65歳未満で、雇用保険に加入していること
② 雇用保険加入期間が5年以上あること
③ 60歳到達時の賃金と比較し、現在の賃金が75%未満であること
④ 60歳到達後の月額賃金が370,452 円未満(※)であること(令和5年8月1日時点)
 ※この金額は毎年8月に変更されます 

 60歳に到達した月から65歳に達する月まで支給され、各暦日の初日から末日まで被保険者であることが必要です。この期間内にある各暦月のことを支給対象月といいます。
 一番気になる給付金の金額は少し複雑で、60歳到達時の賃金と再雇用後の賃金とを比較して決まります。
① 賃金の低下率が61%以下の場合は、現在の給料の15%相当額
② 賃金の低下率が61%超75%未満の場合は、その低下率に応じて、再雇用後の賃金に決められた支給率を乗じた額

③ 賃金の低下率が75%以条の場合は、支給されません

支給額の計算

 これだけだととても分かりにくいので、例えば60歳到達時賃金が40万円という前提で実際に計算してみましょう。

※「低下率」(%)=支給対象月に支払われた賃金額/60歳到達時の賃金月額×100
<再雇用後の賃金が20万円だった場合>
低下率:20万円/40万円×100=50%
給付額:20万円×15%=3万円
<再雇用後の賃金が28万円だった場合>
低下率:28万円/40万円×100=70%
給付額:20万円×4.67%=13,076円

年金支給の一部停止(併給調整)

 併給調整を目的として、年金をもらいながら高年齢雇用継続基本給付金も受給する場合には、賃金の低下率に応じて、給料の6%相当額を限度として年金の一部が支給停止されることになっています。

令和7年4月施行の法改正

 以上が高年齢雇用継続基本給付金のおおよその考え方なのですが、法改正により来年4月から大きく2点変更になる箇所があります。
① 高年齢雇用継続基本給付金の最大支給率が15%から10%へ引き下げ
② 併併給調整の最大調整率が6%から4%へ引き下げ

おわりに

 平成7年に創設された高年齢雇用継続基本給付金は最大支給率が25%でしたが平成15年の改正で現在の15%へと段階的に引き下げられています。国の政策としては、給付金を支給することで下がってしまった現役時代の給与を補填するという考え方ではなく、意欲ある高年齢者が働き続けられる環境を用意するという考え方になっているといえます。
 もちろんすぐにそのような環境を準備することは企業にとって厳しい場合もありますし、業務内容や決裁権限の変更、体力や判断基準の低下といった理由で現役時代の給与から下げざるを得ないこともあります。それでもいち早く時流に乗って、経験やノウハウをもった貴重な高年齢者を活用できる企業が一歩先を進むのかもしれませんね。

この記事を書いている人 
-Writer-

松岡藍

コンサルタント

【略歴】千葉県佐倉市出身。千葉大学法科大学院専門法務研究科卒業。

平成30 年に浅山社会保険労務士事務所(現エフピオ)へ入社。
労務に関する相談対応、就業規則の策定、研修講師、助成金の申請等の業務を担当。お客様の期待を超える提案をしてエフピオのファンになってもらえるよう日々心がけています。

関連ブログ

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
   

関連記事

2024.07.01
東京商工リサーチ掲載記事
介護離職を防ぐために令和7年4月より改正育児介護休業法が施行されます。<社会保険労務士 松井碧城>
2024.06.03
東京商工リサーチ掲載記事
カスハラ対策って何をすればいいですか?<社会保険労務士 津田千尋> 
2024.05.20
東京商工リサーチ掲載記事
福利厚生としての社内預金制度<社会保険労務士 小山健二>
2024.04.30
東京商工リサーチ掲載記事
名ばかり個人事業主のリスク<社会保険労務士 石川宗一郎>
2024.04.15
東京商工リサーチ掲載記事
有休休暇の賃金計算~日によって勤務時間がバラバラのときは?~<社会保険労務士 間庭基也>
2024.04.01
東京商工リサーチ掲載記事
『社員研修の目的と企画・導入』について<社会保険労務士 廣瀬潤>
2024.03.04
東京商工リサーチ掲載記事
週10時間勤務で、雇用保険加入へ ~ダブルワーク時の労災保険、雇用保険、社会保険の取り扱いはどうなるの?~<社会保険労務士 浅山雅人>
2024.02.28
東京商工リサーチ掲載記事
マイナンバーカードの健康保険証 利用されてますか?<社会保険労務士 伊藤美由起>
2024.02.05
東京商工リサーチ掲載記事
労災で休業が発生した場合の休業補償のイロハ ~知っておくべき、基礎知識~ <社会保険労務士 小野田春奈>
2024.01.22
東京商工リサーチ掲載記事
雇用保険=失業保険にあらず。人材育成に活用を!<社会保険労務士 松井 碧城>