労働基準監督署の役割

作成年月:
令和3年1月
作成者・発表機関:
厚生労働省
概要:
労働基準監督署について簡単に説明した資料となります。
労働基準監督署は、厚生労働省の第一線機関であり、全国に 321 署あります。
内部組織は、労働基準法などの関係法令に関する各種届出の受付や、相談対応、監督指導を行う「方面」(監督課)、機械や設備の設置に係る届出の審査や、職場の安全や健康の確保に関する技術的な指導を行う「安全衛生課」、仕事に関する負傷などに対する労災保険給付などを行う「労災課」、会計処理などを行う「業務課」から構成されています(署の規模などによって構成が異なる場合があります)。
詳しくはこちらの資料をご確認ください。
出所URL:
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/leaflet_kijun.html

資料をダウンロード