定年後の継続雇用に関する無期転換ルールの特例

法改正情報 平成27年3月4日(水曜日)

印刷ボタン

 

 

 労働契約法の改正により、平成25年4月から「無期転換ルール」が導入されています。このルールは、同一の使用者との有期労働契約が「5年」を超えて繰り返し更新された場合に、労働者の申込みにより、無期労働契約に転換するというものです。この無期転換ルールに一定の特例を認める有期雇用特別措置法が平成26年11月28日に公布されました。この有期雇用特別措置法により、定年後に継続雇用される有期契約労働者等については、特例が設けられました
 今回の無期転換ルールの特例について、まとめましたのでご覧ください。

※ 詳しくは浅山社会保険労務士事務所まで

2015y03m04d_083528747

同一の使用者との有期労働契約が「5年」を超えて繰り返し更新された場合に、労働者の申込みにより、無期労働契約に転換します。

2015y03m04d_083729342

 

 

2015y03m04d_083835044

2015y03m04d_084337150

 

 

2015y03m04d_084451999

 

2015y03m04d_084535089

この特例は、定年後引き続いて雇用される者に適用されるので、60歳以降に新たに採用され、有期契約を締結した者については、無期雇用転換申込権が発生します。

 

 

【参考リンク】

「高度専門職・継続雇用の高齢者に関する無期転換ルールの特例について」

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000075676.pdf

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。