平成31年4月1日からの雇用保険料率は変更なし

法改正情報 平成31年3月6日(水曜日)

 

 平成31年3月4日に厚生労働省から平成31年度の雇用保険料率が発表されました。
 平成30年度の雇用保険料率は、一般事業で「1,000分の9」、農林水産業および清酒製造業で「1,000分の11」、建設業で「1,000分の12」となっていますが、平成31年4月1日から平成32年3月31日までの雇用保険料率についても、この料率で変更なしとなります。
今回の雇用保険料について、まとめましたのでご覧ください。

 

平成31年4月1日からの雇用保険料率

平成31年4月以降に 支払われる給与からも、従来と同じ雇用保険料率です。

 

雇用保険料免除について

毎年4月1日時点で満64歳以上(平成31年度は昭和30年4月1日までに生まれた人)である従業員は、雇用保険料の負担が事業主負担分、被保険者負担分とともに、免除されます。

この雇用保険料免除は、平成31年度(平成32年3月31日)までです。平成32年4月からは雇用保険料を徴収してください。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。