民間給与実態統計 小規模事業所 男性のピーク588万円

法改正情報 令和1年7月17日(水曜日)

 

 民間給与実態統計は、国税庁が民間事業所を対象として平成29年3月31日現在の源泉徴収義務者のサンプルを集計したものです。この統計によると、従業員30~99人の小規模事業所に勤務する男性の年間の給与は55~59歳で588万円がピークでした。100~499人では643万円、500~999人では718万円、5000人以上では906万円などとなっています。規模間格差が著しく、30~99人の規模に対して、5000人以上規模は1.5倍の水準です。
 今回の民間給与実態統計について、まとめましたのでご覧ください。

事業所規模別

男性の賃金カーブのピークは50~54歳の677万円でした(下表の最下欄)。

給与所得者の給与階級別構成比

平均500万円以下の者の割合をみると、男性では全体の約55%、女性では約89%を占めています。非正規比率が約4割に及ぶ女性では、100万~200万円(23.6%)と200万~300万円(21.7%)の比率がとくに大きくなっています。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。