医師による長時間労働面接指導実施マニュアル

作成年月:
令和3年12月
作成者・発表機関:
厚生労働省
概要:
長時間労働面接指導を担当する産業医が、事業者と労働者に対して、適正配置につながる助言や指導を行うことを目指して作成された資料となります。
近年、長時間にわたる過重な労働は疲労の蓄積をもたらす重要な要因と考えられ、さらには脳・心臓疾患及び精神障害との疫学的な関連が認められています。働き方改革関連法の施行に伴い、2019年から労働時間に関する規制が強化されていることから、 職場環境の改善に積極的な企業は、長時間労働を削減し、ワーク・ライフ・バランスを図るとともに、労働者の健康管理に係る措置を徹底しています。
産業医が事業者に対して産業保健の観点から意見を述べることが、労働者の健康を守ることに繋がります。
詳しくはこちらの資料をご確認ください。
出所URL:
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/anzeneisei12/

資料をダウンロード