Fpeo

こちらも是非ご覧ください:

お客さまの声

複数の選択肢を提示してもらえるから
根拠のある決断ができてありがたいですね。

MIRAIZ株式会社代表取締役 川井君春様/常務取締役 川井陽子様

創業:1975年/売上高:7億5千万円(2019年度)/従業員数:正社員 80名
製鉄分野からプラント設備全般にわたる各種設計、メカニカルからITまで手がけるエンジニアリングカンパニーです。企業理念は『当社で働く全社員とその家族を含めた人たちの幸せ』。一人でも多くの人に必要とされる企業を目指して、更なるサービスの向上と、新しいプロジェクトにチャレンジし続けていらっしゃいます。

変化に対応するときに、いまを知る専門家からのアドバイスは欠かせません。

ご相談いただいた背景やきっかけは?

これから会社を大きくしていきたいという想いがあり、法改正にすぐに対応することができ、専門的なことを幅広く相談していける社労士を探していました。そのなかで一番お客様目線になって考えてくれること、また「一緒に成長していきましょう」という言葉に、目指すビジョンや悩みを共有しあって成長していけるパートナーだと感じて契約をしました。

どのような課題がありましたか?

当社は本社、海外支店、企業派遣など多様な雇用形態があり、多様な職種の従業員がいます。目まぐるしく変わる労働基準法や労働者派遣法の法改正にすぐ対応したい。また世の中の働き方の変化にも対応していける会社であるために、就業規則の柔軟な見直し対応ができるようにしたいと考えていました。

課題を解決するために取り組んできたことは?

石川さんが、最初のヒアリングで現在の悩みを一覧にしてくれて、まずは就業規則の見直しから着手しました。課題を洗い出していくと、当たり前だと思っていたけれど、ケアしなければいけないことがいろいろ見つかりました。いまを知る専門家のアドバイスは説得力があります。最新の情報を発信しているエフピオのセミナーにも積極的に参加しています。

会社を大きくする将来のビジョンを語り、深い話ができる相談相手です。

Fpeoからの提案と実施内容は?

派遣法改正の「同一労働同一賃金」への対応に一緒に取り組みました。当社にはプラント設計とITソフトウェア開発の2本柱があり、大手企業にも多く派遣をしています。新しい法律で先例がないこと、また特殊な業界であることから、法適用の判断が非常に難しく、親身にサポートいただきました。またコロナ禍でのテレワーク対応も支えてもらいました。

Fpeoの担当者はどんな存在ですか?

あらかじめ質問を予測して、複数の回答を用意してくれていると感じます。わからないことも調べて即日で返してくる。知りたいことを的確に、素早く教えてくれるのでとても助かっています。それに家族のように親身になってくれて、将来のビジョンまで理解して、まるで自分の会社のように考えてくれる姿勢が嬉しいですね。

働くことを通じて「どう生きるか」を学んでいける会社にしたいと思っています。

変化と成果について教えてください。

就業規則や人事制度の見直しなど、適切なアドバイスがもらえることで、やりたかったことに一歩ずつ着実に取り組んでいけるようになりました。士業の方には専門的なことしか聞けないイメージがあったのですが、石川さんはなんでも気軽に相談できるし、そこから話が発展して解決していく。これからも頼りにしていきます。

人材についての考え方は?

「社員と家族の幸せを守る」ことを企業理念にしています。社員がこの会社で活躍して、生きがいややりがいを感じられなければ、会社の存在意義はないと思っています。働く人を中心に考えて、もっと働きやすくなるような環境づくり、パフォーマンスが発揮できるような仕組みづくりをしていきたいと考えています。

担当者から見たこの会社の魅力
高度で的確な質問をされることが多く、これまで得た知識や経験を、存分に発揮できる機会をいただいております。社長と常務の高い要求に応えていくために、専門誌を読んだり、セミナーで新しい情報を吸収したり、私自身の勉強の場となっています。若くバイタリティに溢れ、話していると私も前向きになれます。

お問い合わせ

CONTACT

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。