男性育休×義務化セミナー

政府は2025年までに男性の育休取得率を30%まで上げることを掲げていますが、対して2020年度の実際の取得率は7.48%と非常に低い結果となっています。
これを受けて、2022年4月から男性の育休取得促進のための仕組みが新設される等、男性育休について法改正が進んでいます。
新設される育休制度はそもそもどういったものなのか?法改正に当たって企業がやらなければいけないこと・影響は何か?来る2022年に向けて今から準備を始めませんか?
育休制度に悩みを抱える経営者・労務担当者の皆様ぜひご参加ください。

講義内容

1.育休の取得推進義務化とは?
・義務化となる法改正の内容と義務化に至った背景
・新設される男性育休制度の概要
2.企業がすべき準備のポイント
・法改正によって起こる影響と社内で設けるべきルール
・社内環境づくりや従業員への周知のポイント
・社内制度設立等で使える助成金

講師プロフィール

小林 沙奈江
社会保険労務士法人エフピオ
社会保険労務士
【講師略歴】
昭昭和62 年 栃木県生まれ
平成21 年 千葉大学教育学部卒業
平成23 年 浅山事務所(社労士法人エフピオ)入社
平成26 年 社会保険労務士資格取得
現在、就業規則の策定、評価・賃金制度の作成、セミナー講師、
助成金申請等の業務を担当。
明るく、元気に迅速な対応を心がけています。

形 式

WEB会議 ZOOM

受 講 料

無料

電 話

043-306-5082

日 程

令和3年7月13日(水)

開始時刻

14:00~15:00

主  催

社会保険労務士法人エフピオ