令和3年度からの健康保険料率・介護保険料率は共に引上げ。労災保険率は変更なし

法改正情報 令和3年2月10日(水曜日)

令和3年度の協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率が決定しました。

令和3年度の料率は、3月分(4月納付分)から変更となります。
 今回の健康保険料率および介護保険料率について、まとめましたのでご覧ください。

健康保険料率

 現行の9.75%から9.79%に引上げ(千葉支部)となりました。

★健康保険料率について(協会けんぽ 千葉支部)

※ 協会けんぽ 東京支部 9.87%⇒9.84%(引下げ)
  協会けんぽ 茨城支部 9.77%⇒9.74%(引下げ)
  協会けんぽ 埼玉支部 9.81%⇒9.80%(引下げ)

介護保険料率

一方、介護保険料率についても、現行の1.79%から1.80%に引上げ(全国一律)となっています。

※健康保険組合に加入されている会社は、各健康保険組合によって健康保険料率および介護保険料率が設定されていますので、ご加入の健康保険組合にご確認ください。

例えば…

労災保険率

令和3年度の労災保険率、特別加入保険料率及び労務費率は以下のとおりとなります(令和2年度から変更ありません)。

【厚生労働省,令和3年度の労災保険率について】

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/rousai/rousaihoken06/rousai_hokenritsu_kaitei.html

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。