働き方改革推進支援助成金の早期締め切りが発表されました

働き方改革推進支援助成金の交付申請は11月末とされていましたが、10月15日受付をもって早期終了することが発表されました。

《以下厚労省からの情報提供》
働き方改革推進支援助成金については、現在、申込件数が増加しており、予算状況等を勘案した結果、当初予定していた期限(11月末日)を待たずに交付申請を締め切ることとなりましたため、お知らせいたします。
締め切るコースは「労働時間短縮・年休促進支援コース」、「勤務間インターバル導入コース」、「労働時間適正管理推進コース」の3つで、締切は10月15日(金)としています。

下記の厚生労働省HPでは、各コースのページにおいて、次の文言で周知しております。
・本助成金については多数の申請がありましたので、「○○コース」については、本年度の交付申請の受付は2021年10月15日までとさせていただきます。
・なお、10月15日までに郵送等で申請いただいている分については受理いたします。(※)
 ※郵送の場合、10月15日付の消印は受理いたします。電子申請の場合、同日付の申請は受理いたします。 

【厚生労働省該当HP】
(労働時間短縮・年休促進支援コース) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000120692.html
(勤務間インターバル導入コース) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891.html
(労働時間適正管理推進コース) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000150891_00001.html
ホーム>政策について>分野別の政策一覧>雇用・労働>労働基準>仕事と生活の調和>労働時間等の設定の改善>働き方改革推進支援助成金(○○コース)

なお令和4年度厚生労働省予算概算要求にも本年度と同じ内容が載っているので来年また復活しそうです。ただし内容がまったく同じ保証はありません。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。