2019年春の中小企業の昇給は 平均4,815円(1.89%)前年比微増

法改正情報 令和1年8月22日(木曜日)

 日本経団連より「2019年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果」の最終集計(2019年8月8日現在)が公表されました。これによると、今春の中小企業の昇給は総平均で4,815円(1.89%アップ)となり、前年の4,804円(1.89%アップ)と比較すると増加しています。
今回の中小企業賃上げ調査について、まとめましたのでご覧ください。

経団連の2019年中小企業賃上げ調査 最終集計結果は 前年比増

本調査の対象は、原則として従業員数500人未満、17業種、750社で、今回の最終集計は妥結し、金額が判明している企業404社の結果を集計したものです。今春の中小企業の昇給は、下図のようになっています。
総平均で4,815円(1.89%アップ)となり、前年の4,804円(1.89%アップ)と比較すると、しています
業種別にみると、製造業は5,159円(1.99%アップ)、非製造業は4,286円(1.73%アップ)となっています。

(全17業種はこちらを参照)

また、従業員規模別では、下図のようになっています。
100人未満で4,414円(1.81%アップ)となり、前年の4,528円(1.86%)と比較すると、減少しています


【2019年】
100人未満 4,414円(1.81%)
100人~300人未満 4,692円(1.85%)
300人以上 5,012円(1.94%)
【2018年】
100人未満 4,528円(1.86%)
100人~300人未満 4,587円(1.82%)
300人以上 5,095円(1.96%)

今春入社の新入社員の初任給 大卒212,304円 高卒170,505円

労務行政研究所より「2019年度 新入社員の初任給調査」の結果(2019年5月8日現在)が公表されました。この調査は4月9日までにデータの得られた東証第1部上場企業241社を対象に行ったものです。
これによれば2019年4月入社の初任給を引き上げた企業は35.7%(昨年は39.7%)57.3%が据え置き(昨年は52.3%)となっており、据え置きの企業が増加しています。大学卒では、引き上げた場合の平均上昇額は3,511円となっており、1,000~2,000円台が約6割を占めています。
一方、初任給額をみると、職種やコースによる格差がなく、一律に初任給を決定している企業の場合、大学卒は212,304円、高校卒は170,505円となっています。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
中小企業 , 昇給 ,
   

関連記事

2024.05.24
派遣労働者について、令和6年度適用の一般賃金(ハローワーク別地域指数)に誤り、訂正へ。
2024.04.18
労働者派遣事業の令和5年6月1日現在の状況(速報)        特に無期雇用派遣労働者の増加傾向が見られました
2024.03.07
他社はいったい給与をいくら払っているのか一目瞭然です!
2024.02.08
実質賃金、前年比-2.5%も、給与は1.2%上昇
2023.08.16
最低賃金 千葉県は42円引上げ、1,026円へ
2023.08.14
2023年春の中小企業の昇給は 平均8,012円(3%)前年比大幅増
2023.07.31
最低賃金 全国平均1,002円、千葉県は1,025円へ引上げ
2023.01.12
令和4年「就労条件総合調査」の結果から見た就労条件の現状
2022.10.28
マイナンバーカードと健康保険証の一体化。健康保険証は6年秋に廃止予定。マイナンバーカード受け取り難民続出。
2022.10.12
国税庁より令和3年分民間給与実態統計調査の結果が公表されました