他社はいったい給与をいくら払っているのか一目瞭然です!

■2023年の「ズバリ実在者賃金」の数字がまとまりました!

エフピオでは社会保険労務士法人ならでの特徴をいかし、毎年首都圏の中小企業(従業員300人未満)の実態を知ってもらうべく、「ズバリ実在者賃金」を公表しています。
今年も1万人強の従業員の賃金データをもとに2023年版の「スバリ実在者賃金」を完成させることができました。
中小企業の他社は一体いくらぐらいの給与支払っているのか?の疑問に応えることができます。
採用や定着でお困りで、「ひょっとしたら、うちの給与が安いからなのかな?」とお考えの経営者や人事担当のみなさまにはご満足いただけるデータを多く取り揃えております。
ぜひ、エフピオまでご相談ください。

【他社と賃金が比較できる】専門社労士による賃金制度コンサルティングはこちら


★調査対象企業:
 令和5年度版 235社(300人未満の中小企業)
 従業員総数11,592名(うち一般男性6,560名、一般女性3,986名、管理職901名、従業員出身役員145名)
今回のニュースでご紹介させていただくのは、その一部である「管理職」の賃金です。
ご参考にしてください。

■管理職はいったいいくら支払っているか?

1)管理職年収/年代別、規模別、上位・中位・下位別(※)(年収には通勤手当は含めず)
※上位:第3・四分位数(仮に100人いたら上から25番目)
 中位:中位数(仮に100人いたら上から50番目)
 下位:第1・四分位数(仮に100人いたら上から75番目)
▢50歳代

従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満855.5万円712.5万円589.5万円
100人未満787.1万円668.0万円585.3万円
300人未満754.9万円655.2万円600.3万円
▢40歳代
従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満783.6万円673.4万円598.6万円
100人未満759.7万円642.6万円576.1万円
300人未満794.9万円691.8万円602.2万円
▢30歳代
従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満732.3万円684.0万円548.4万円
100人未満740.6万円648.2円588.4万円
300人未満641.8万円608.1万円564.8万円

2)管理職賃金総額※/年代別、規模別、上位・中位・下位別
※賃金総額:基本給およびすべての手当合計額<月額>(通勤手当は含めず)
▢50歳代

従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満66.1万円54.8万円45.5万円
100人未満53.6万円46.4万円42.0万円
300人未満51.9万円44.6万円40.5万円
▢40歳代
従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満52.6万円46.1万円41.6万円
100人未満50.1万円45.4万円41.2万円
300人未満53.3万円45.9万円40.6万円
▢30歳代
従業員規模金額<上位>金額<中位>金額<下位>
30人未満54.9万円51.4万円40.1万円
100人未満51.2万円45.7万円40.9万円
300人未満45.5万円41.7万円38.9万円

3)管理職の基本給・所定内賃金昇給額(※)/年代別、2022年2023年比較
※昇給額:中位数のみ表示
▢30歳代

従業員規模2022年度2023年度
基本給昇給額2,500円6,334円
所定内賃金昇給額5,000円8,334円
▢40歳代
従業員規模2022年度2023年度
基本給昇給額3,300円7,000円
所定内賃金昇給額5,460円10,000円
▢50歳代
従業員規模2022年度2023年度
基本給昇給額2,500円6,026円
所定内賃金昇給額3,133円7,000円

\ 専門社労士による賃金の見直し /

賃金制度コンサルティング

この記事を書いている人 
-Writer-

浅山雅人

社会保険労務士/代表

  • youtube
  • podcast

【略歴】昭和38年生まれ、京都市出身。慶應義塾大学法学部卒業。平成7年11月にエフピオの前身である浅山社会保険労務士事務所を設立。

経営者の皆様のパートナーとなること、エフピオをお客様の手本となるような立派な会社にすることを目指しています。夢はエフピオをもっともっと広め、千葉のみならず全国、世界に知ってもらえる存在にすることです!

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
セミナー:最低賃金制度 , 昇給 , 賃金引上げ ,
   

関連記事

2024.07.18
2025年3月卒の大卒初任給はどうなった?/労働新聞社調査
2024.05.24
派遣労働者について、令和6年度適用の一般賃金(ハローワーク別地域指数)に誤り、訂正へ。
2024.04.18
労働者派遣事業の令和5年6月1日現在の状況(速報)        特に無期雇用派遣労働者の増加傾向が見られました
2024.02.08
実質賃金、前年比-2.5%も、給与は1.2%上昇
2023.08.16
最低賃金 千葉県は42円引上げ、1,026円へ
2023.08.14
2023年春の中小企業の昇給は 平均8,012円(3%)前年比大幅増
2023.07.31
最低賃金 全国平均1,002円、千葉県は1,025円へ引上げ
2023.01.12
令和4年「就労条件総合調査」の結果から見た就労条件の現状
2022.10.28
マイナンバーカードと健康保険証の一体化。健康保険証は6年秋に廃止予定。マイナンバーカード受け取り難民続出。
2022.10.12
国税庁より令和3年分民間給与実態統計調査の結果が公表されました