令和3年度創設予定! 高年齢労働者処遇改善促進助成金(仮称)

高年齢労働者処遇改善促進助成金(仮称)とは

60歳から64歳までの高齢者に対する処遇改善をおこなった企業に対して政府が助成金を支給するというものです。  2025年4月から、高年齢雇用継続給付の給付率が下がる(15%→10%)ことが決まっており、これに伴いこのままでは高齢者の手取り賃金額が少なくなることが予想されます。これを踏まえて、高齢者の処遇改善をおこなった事業主に助成金が支給されます。

主な支給要件

①雇用保険が適用される事業主であること

②高齢者の賃金規程等を改訂し、6か月以上適用していること

③高齢者の雇用継続基本給付金の受給額が賃金改定前後で95%以上減少していること

助成金額

賃金規程等改定前後で比較した雇用継続基本給付金の減少額に下記助成率をかけた金額


※なお、上記は、令和3年度当初の予算案の国会成立後に創設予定ですので、内容が変更になる可能性もございます

厚生労働省からのリーフレットはこちら

https://www.mhlw.go.jp/content/11600000/000744250.pdf

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。