新しく勤怠システムの導入を検討している会社様、必見です!「働き方推進支援助成金」のご案内

①新しく勤怠システムを導入したい⇒労働時間適正管理推進コース

②勤務間インターバルを導入・拡充したい⇒勤務間インターバル導入コース

③時間単位の有給もしくは病気休暇等の特別休暇を設けたい⇒労働時間短縮・年休促進支援コース

①労働時間適正管理推進コース

生産性向上のため、新しく勤怠システムの導入した場合、勤怠システム導入費等の経費を一部助成するコースです。

②勤務間インターバル導入コース

勤務間インターバルの導入について、勤怠システムの導入や専門家のコンサルティングを行った場合、経費を助成します。

③労働時間短縮・年休促進支援コース

生産性向上のため、労働時間削減や年次有給休暇の促進に向けた制度について、勤怠システムの導入や専門家のコンサルティングを行った場合、経費を助成します。

①特別休暇を導入した場合 ⇒ 50万円

②時間単位の有給休暇制度を新設した場合 ⇒ 50万円

支給対象となる取組、賃金引上達成時の加算額

(※1)〈支給対象となる取組〉

①労務管理担当者に対する研修

②労働者に対する研修、周知・啓発

③外部専門家によるコンサルティング

④就業規則・労使協定等の策定・変更

⑤人材確保に向けた取り組み

⑥労務管理用ソフトウェア労務管理用機器、デジタル式運航記録計の導入・更新

⑦労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新

(※2)〈賃金引上達成時の加算額〉

引上げ人数13467101130
3%以上
引上げ
15万円30万円50万円1人当たり5万円
(上限150万円)
5%以上
引上げ
24万円48万円80万円1人当たり8万円
(上限240万円)

申請の流れ

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。