】会社帰りに遭った事故だったら、飲み会に行った場合にあった事故でも労災ですよね?<コンサルタント 松岡藍>

みなさん、こんにちは。

社会保険労務士法人エフピオの松岡藍です。

今回も顧問先様からいただいたご質問で、普段は自家用車で通勤している従業員が会社帰りに事故に遭ってしまったそうです。大事には至らなかったとのことでひとまず安心したのも束の間、場所を聞いてみると会社とも従業員の自宅とも離れている駅前で起こった事故でした。

「こんな場合でも、仕事帰りは仕事帰り…労災になってしまいますよね?」というご質問をいただきました。

家に着くまでが遠足!の気持ちで、従業員が帰宅するまでに遭遇した事故はすべて労災になってしまうのでしょうか?

今回はこちらのお話を考えていきます。

■労災とは?

いわゆる労災保険には、業務災害と通勤災害とがあります。業務災害とは、労働者が業務を原因として被った負傷、疾病、障害または死亡をいい、通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害または死亡をいいます。

労災か否かを考えるのに、まずは「業務を原因」とするのか「通勤により」といえるのか、いずれにもあたらないのかと検討する必要があります。

今回の事例がいずれにあたるかを考えるには材料が足りないのでもう少し詳しくヒアリングしてみることにしました。なぜ、自動車通勤の従業員が全然最寄りでもない駅前で事故に遭ってしまったのでしょうか?

どうやら当該従業員は、大学の同級生との飲み会に参加した帰りに駅に向かって歩いていたところ自転車と接触事故に遭ったとのことでした。

■通勤災害とは?

事故に遭ったのがプライベートな飲み会の帰りだったので、明らかに「業務を原因」としていないこととから、今回は「通勤により」といえるのか否かを検討していくことにします。

 「通勤」とは

①就業に関し、次に掲げる移動を、

(1)②住居③就業の場所との間の往復

(2)就業の場所から他の就業の場所への移動

(3)住居と就業の場所との間の往復に先行し、又は後続する住居間の移動

④合理的な経路および方法により行うことをいい、⑤業務の性質を有するものを除くものとされていますが、⑥移動の経路を逸脱し、または移動を中断した場合には、逸脱又は中断の間及びその後の移動は「通勤」とはなりません。

では、今回の事例が「通勤」といえるのか問題になりそうな要件をピックアップして検討していきましょう。

■④合理的な経路および方法とは?

移動を行う場合に一般に労働者が用いると認められる経路および方法をいいます。

通勤のために通常利用する経路が複数あってもいずれも「合理的な経路」になりますし、通常通勤に用いられる通勤方法であれば、普段利用している通勤方法でなくても「合理的な方法」になります。

当該従業員は普段自動車通勤ですが、事故当日は飲み会ということで電車を利用していました。このこと自体は合理的な方法といえます。

他方、飲み会のために寄り道をして遭遇した事故だったので合理的な経路か否かというよりは次の「移動の経路を逸脱、または移動を中断」したのではないかが問題となりそうです。

■⑥移動の経路を逸脱、または移動を中断とは?

「逸脱」とは、通勤の途中で就業や通勤と関係のない目的で合理的な経路をそれることをいい、「中断」とは、通勤の経路上で通勤と関係のない行為をおこなうことをいいます。

今回の事例では同級生との飲み会で全くのプライベートなので、「通勤と関係ない」といえるので「逸脱」「中断」しています。

なお、通勤途中にどこにも寄り道してはいけないということはなく、厚生労働省令で定められた例外(日用品の購入や病院で診察を受けるなど)にあたれば「通勤と関係」なくても通常の通勤経路に戻れば「通勤」中と判断されることがありますので注意が必要です。

■おわりに

ということで、今回は通勤災害にはあたらなさそうです。最終的には労働基準監督署が労災になるか否かを判断しますが今回のように経路の逸脱は通勤災害とは認められないと考えられます。コロナウイルス感染症が5類感染症へと移行したことで飲み会が増えてくるかもしれませんので頭の片隅にでも入れておいていただければ。

この記事を書いている人 
-Writer-

松岡藍

コンサルタント

【略歴】千葉県佐倉市出身。千葉大学法科大学院専門法務研究科卒業。

平成30 年に浅山社会保険労務士事務所(現エフピオ)へ入社。
労務に関する相談対応、就業規則の策定、研修講師、助成金の申請等の業務を担当。お客様の期待を超える提案をしてエフピオのファンになってもらえるよう日々心がけています。

関連ブログ

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
労災 , 通勤災害 ,
   

関連記事

2024.05.20
東京商工リサーチ掲載記事
福利厚生としての社内預金制度<社会保険労務士 小山健二>
2024.04.30
東京商工リサーチ掲載記事
名ばかり個人事業主のリスク<社会保険労務士 石川宗一郎>
2024.04.15
東京商工リサーチ掲載記事
有休休暇の賃金計算~日によって勤務時間がバラバラのときは?~<社会保険労務士 間庭基也>
2024.04.01
東京商工リサーチ掲載記事
『社員研修の目的と企画・導入』について<社会保険労務士 廣瀬潤>
2024.03.04
東京商工リサーチ掲載記事
週10時間勤務で、雇用保険加入へ ~ダブルワーク時の労災保険、雇用保険、社会保険の取り扱いはどうなるの?~<社会保険労務士 浅山雅人>
2024.02.28
東京商工リサーチ掲載記事
マイナンバーカードの健康保険証 利用されてますか?<社会保険労務士 伊藤美由起>
2024.02.05
東京商工リサーチ掲載記事
労災で休業が発生した場合の休業補償のイロハ ~知っておくべき、基礎知識~ <社会保険労務士 小野田春奈>
2024.01.22
東京商工リサーチ掲載記事
雇用保険=失業保険にあらず。人材育成に活用を!<社会保険労務士 松井 碧城>
2023.12.25
東京商工リサーチ掲載記事
建設業だったら協定さえ結んでおけば、月45時間超えて残業させても大丈夫なんですよね?<コンサルタント 松岡藍>
2023.11.27
東京商工リサーチ掲載記事
「会社分割」における労働契約の承継<社会保険労務士 小山健二>