】~パワハラ防止法の対策、お済ですか?~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡 つばさ>

よつば総合法律事務所 弁護士の村岡つばさです。

令和2年6月1日より、いわゆる「パワハラ防止法」が施行され、中小企業についても、来年の4月1日から、同法が施行されることとなっています。

皆さま、パワハラ防止法への対策はお済でしょうか?ということで、今回は、パワハラ防止法の改正内容や、具体的対策を、少しお話させていただきます。

◆何がどう変わったの?

・パワハラに関する定義が法律上定められた(ただし実質的な変更なし)

・パワハラ防止に関し、企業が講ずべき措置が法律上定められた(重要)

  という2点が、主な改正点です。後者が特に重要ですので、次のQ&Aで見ていきます。

◆企業が講ずべき措置って?

➀会社のパワハラ防止に関する方針を明確化し、従業員に周知・啓発(研修等)しましょう!

②相談に応じ、適切に対応するために必要な体制(相談窓口)を整備しましょう!

③パワハラが起きてしまったら、迅速かつ適切な事後対応をしましょう!

という3点が、改正法で定められています。特に②について、相談窓口を設置していない場合には、それだけで法律違反ということになりますので、注意が必要です。

◆取り急ぎの対応として、何をすれば良い?

取り急ぎの対応としては、①につき、パワハラ防止に関する社内規程か、従業員への周知文書を作成しましょう。

就業規則の条文に、「パワーハラスメントの防止に関する指針」といった類のものを追加することでもOKです。

本来は、パワハラに関する研修等も行うべきですが、「取り急ぎ」の対応としては、優先度は落ちるでしょう。

より重要なのは、②につき「相談窓口の設置」です。

担当者を誰にするかは非常に悩まれると思いますが、途中で変更することも可能なので、とりあえず適任と考える人を担当者にしましょう。その上で、相談窓口を設置したことを従業員に周知しましょう。

◆おわりに

施行日の直前になってバタバタしないように、徐々に対応を行っていくことをお勧めいたします。

当事務所でも、ハラスメントの外部相談窓口のサービス等を提供しておりますので、もしご興味のある企業様がいらっしゃいましたら、ぜひお問い合わせください!

お問い合わせ

よつば総合法律事務所千葉事務所 弁護士 村岡つばさ
TEL:043-306-1110(エフピオの法律コラムを見た、とお伝えください)
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番地13号
千葉大栄ビル7階(※柏にも事務所がございます。)

村岡 つばさ
よつば総合法律事務所
弁護士
【略歴】
埼玉県戸田市にて出生
私立鎌倉学園中学校/ 高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業 慶應義塾大学法科大学院卒業
司法試験合格後よつば総合法律事務所へ入所。
企業法務を積極的に取り組み、特に労務分野に明るく、
千葉県社労士会で講演活動を行うなど精力的に活躍中。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
パワハラ ,