】~ハラスメント調査の注意点-その⑥~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>

ここまで5回に渡り、ハラスメント調査の注意点をお話してきましたが、最後に、行為者への処分などの「事後対応」の問題をお話しします。

■会社が行うべき事後対応とは?

諸々のハラスメント調査の結果、ハラスメントの事実が確認できたとします。この場合、会社としては、①行為者に対する処分(懲戒処分等)と、②被害回復・再発防止のための施策を行う必要があります。

①行為者に対する処分

丁寧に丁寧に調査をしても、最後の処分で足を滑らせてしまうことも多くあります。

「ハラスメント!?けしからん!!」とのことで重い懲戒処分や、場合によっては解雇等を選択すると、処分が重すぎるなどとして、別の労使紛争に発展することがあります。感覚としては、身体的な接触を伴うセクハラ案件や、パワハラというよりはこれ犯罪行為だよね、というくらいの案件(複数回の暴行や相手が大きな怪我をしている場合)でない限り、一発解雇はほぼ無理です。実際には、ハラスメントの事実が確認できた場合でも、背景事情や行為の態様等を考慮して、懲戒処分に至らない「指導」に留めることも珍しくありません。

なお、「処分」とは別に、行為者と被害者を同じ職場に留めておくのは不相当として、異動を選択することも良くあります(これは②で見ていきます)。

②被害回復・再発防止のための施策

①は、行為者に対する処分の話ですが、被害回復の措置や、再発防止のための施策(研修等)等も行う必要があります。

ハラスメントの調査の結果や行為者への処分内容等について、被害申告者に報告を行うのが通常ですが、特に「ハラスメントの事実が確認できなかった場合」や、「本人が望むような懲戒処分等を選択しなかった場合」には、被害申告者への説明には注意が必要です。ジ十分な説明がないと、「相談したのに何もしてくれなかった」として、会社に対する敵意や不信感を招く可能性があります。

なお、①でも述べた「異動」ですが、会社の組織上の問題等で、行為者の異動をどうしても行うことができず、被害者に異動してもらうしかない場合も良くあります。この場合、「私は被害者なのに…」という不満に繋がりやすいので、事前に十分な説明・協議が必要です

この記事を書いている人 
-Writer-

村岡つばさ

よつば総合法律事務所 企業法務部門責任者・弁護士

  • youtube

【略歴】早稲田大学法学部・慶應義塾大学法科大学院卒業
千葉では珍しく「企業法務案件」のみを扱う弁護士。
会社側の労働案件が専門分野。
社労士会、税理士会、弁護士会等各種団体で研修・セミナー講師を多数担当。
税理士法人レガシィより
「これだけやっておけば良い!パワハラ防止法対策」
「使用者側目線 労災対応ノウハウ」セミナー発売中

関連ブログ

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
ハラスメント ,
   

関連記事

2024.05.01
弁護士解説
~休職対応の注意点-その①~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.04.01
弁護士解説
~効果的なハラスメント研修を行うコツ~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.03.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その⑤~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.02.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その④~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.01.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その③~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.12.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その②~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.11.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その①~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.09.01
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その⑤~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.08.01
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その④~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.07.03
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その③~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>