】~懲戒処分の落とし穴~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡 つばさ>

よつば総合法律事務所 弁護士の村岡つばさです。

「従業員が問題を起こしたので、懲戒処分を行いたい」というように、従業員の懲戒処分に関するご相談をいただくことが多くあります。

ただ、懲戒処分には色々と「落とし穴」があります。

1 そもそも懲戒処分とは?

「労働者の非違行為に対する制裁」と考えられています。要は、「悪いことをしたので処罰しますよ」というものです。会社内で行われる刑事罰、というイメージが近いと思います。

懲戒処分には、けん責・戒告、減給、出勤停止、諭旨解雇、懲戒解雇、といった種類があります。けん責・戒告が最も軽く、懲戒解雇が最も重い処分です。

2 陥りがちな懲戒処分のミス

①就業規則がない

 実は、就業規則がないと、懲戒処分を科すことすらできません。

②就業規則に定めていない(就業規則を超える)懲戒処分を行った

 例えば、就業規則で、「7日間を上限に出勤停止処分を科す」と定められているのに、7日間を超えて出勤停止としてしまうケースがこれに当たります。あくまでも、就業規則で定められた範囲でのみ、懲戒処分を科すことができます。

③本人の言い分等を聞かずに懲戒処分を行った

 非常に多いです。懲戒処分を科す場合には、必ず、事前に本人の言い分を聞く必要があります(弁明の機会等と呼ばれます)。これを怠ったという理由だけで、懲戒処分が無効とされるケースもあるので、注意が必要です。

④「重すぎる」懲戒処分

 当然ですが、本人の行った行為に比べ、重すぎる懲戒処分は無効となります。感覚的なものですが、特に出勤停止処分以上の懲戒処分は、かなり慎重に行う必要があります。

⑤事実上、二重に処分をしてしまった

1つの問題行動については、1回の懲戒処分しか科すことはできません。

問題行動の調査を行っている期間、自宅待機とし、その後懲戒処分を科すことがあります。この自宅待機期間中、賃金を支給すれば問題ないのですが、この間の賃金を無給にすると、事実上「出勤停止」処分を受けており、別途懲戒処分を科すことは二重処分に当たる!と主張されることがありますので、注意が必要です。

お問い合わせ

よつば総合法律事務所千葉事務所 弁護士 村岡つばさ
TEL:043-306-1110(エフピオの法律コラムを見た、とお伝えください)
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番地13号
千葉大栄ビル7階(※柏にも事務所がございます。)

村岡 つばさ
よつば総合法律事務所
弁護士
【略歴】
埼玉県戸田市にて出生
私立鎌倉学園中学校/ 高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業 慶應義塾大学法科大学院卒業
司法試験合格後よつば総合法律事務所へ入所。
企業法務を積極的に取り組み、特に労務分野に明るく、
千葉県社労士会で講演活動を行うなど精力的に活躍中。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
懲戒処分 ,