】~ハラスメント調査の注意点-その②~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>

前回のコラムでは、ハラスメント調査の重要性、難しさ、よくある落とし穴についてお話させていただきました。今回は、被害を申告してきた労働者へのヒアリング・初動対応の注意点についてお話します。

「ハラスメントの被害を受けた」という被害申告を労働者から受けた場面を想定します。 この場合、会社として注意すべきポイントは、以下の6つと考えています。

①被害申告者から話を聞く場を早急に設ける

「相談を受けたけどどう対応してよいか分からず、放置してしまった」というミスは多いです。ハラスメントの問題は、時間の経過とともに被害が拡大する傾向があります。「相談したのに何もしてくれなかった」とならないよう、相談にはすぐに対応する必要があります。

②決めつけを絶対にしない

前回のコラムでお話しました。「またこの労働者が言っている」「この労働者は被害妄想だ」等と決めつけをしてしまうと、適切な対応はできません。

③裏付けとなる証拠は早期に提出してもらう

証拠の有無は、今後のヒアリング・調査の進め方に大きく関わります。証拠があるのであれば、最初のヒアリングの時点がヒアリング直後には、証拠を提出してもらいたいところです。

④「事実」と「評価」を分け、「事実」のみを聞く

「私はハラスメントを受けた!」というのは評価です。「私は、〇月〇日に、上司である〇〇さんから、〇〇という発言を受けた」というのは事実です。評価は、前提となる事実関係が確定した上で行うものであり、ヒアリングの時点では「事実のみ」を聞くことが重要です。

⑤被害申告者の意向(調査意向・その他の意向)を必ず聞く

「話は聞いてもらいたいけど、調査はしないで欲しい」「匿名で調査して欲しい」等、被害申告者の意向はとても重要です。被害申告者の意向により、今後の調査の進め方が大きく変わります。被害申告者の意向に反した調査等を行ったことが理由で、会社に慰謝料の支払が命じられたケースもあります。

⑥場合によっては一時的な対応(勤務場所の変更等)も検討する

特に、深刻なハラスメント事案で、被害申告者の健康に不調を来しているときは、本人の意向も確認した上で、一時的な対応として、勤務場所の変更等を検討する必要があります。

この記事を書いている人 
-Writer-

村岡つばさ

よつば総合法律事務所 企業法務部門責任者・弁護士

  • youtube

【略歴】早稲田大学法学部・慶應義塾大学法科大学院卒業
千葉では珍しく「企業法務案件」のみを扱う弁護士。
会社側の労働案件が専門分野。
社労士会、税理士会、弁護士会等各種団体で研修・セミナー講師を多数担当。
税理士法人レガシィより
「これだけやっておけば良い!パワハラ防止法対策」
「使用者側目線 労災対応ノウハウ」セミナー発売中

関連ブログ

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
ハラスメント ,
   

関連記事

2024.05.01
弁護士解説
~休職対応の注意点-その①~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.04.01
弁護士解説
~効果的なハラスメント研修を行うコツ~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.03.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その⑤~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.02.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その④~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡つばさ>
2024.01.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その③~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.12.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その②~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.11.01
弁護士解説
~ここ最近の労働紛争の雑感-その①~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.10.01
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その⑥~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.09.01
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その⑤~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>
2023.08.01
弁護士解説
~ハラスメント調査の注意点-その④~<よつば総合法律事務所 弁護士村岡つばさ>