60歳の定年後も希望者全員を雇用することが、義務化されました(H25年改正)

法改正情報 平成24年9月11日(火曜日)

本記事は平成25年の高齢法改正「65歳までの希望者全員再雇用」について記載しています。令和3年4月1日に改正が予定される高年齢者雇用安定法の「70歳定年の努力義務化」については下記をご覧ください。

60歳の定年直前の従業員を抱える事業主様 ご注意ください!

 8月29日、60歳の定年後も、希望者全員を雇用することを企業に義務づける高年齢者雇用安定法改正案が、成立しました。この法改正は、来年の平成25年度から 厚生年金を受け取れる開始年齢が引き上がるため、60歳で定年退職して、賃金も年金も支給されない高齢者が増えるのを防ぐ狙いです。

施行は、平成25年4月から始まります。60歳の定年直前の従業員を多く抱える事業主様にとっては、人件費の負担増に備えるための対応が急がれます。

今回の改正高年齢者雇用安定法について、下記にまとめましたのでご覧ください。

具体的には、どう変わるの?

平成24年までの高齢法は、「労使協定」で「能力」「勤務態度」「出勤率」などの基準を定めることにより、再雇用する従業員を絞り込むことが可能です。これが、H25年4月から、原則全員 再雇用しなければなりません。

旧高齢法による労使協定で対象者限定

対象者を、能力などで絞り込めなくなります!

「それは、大変だ!!」と思われた社長。ちょっと待ってください!

ただし、この希望者全員の雇用制度は、

 希望どおりの雇用条件で雇用し続けなければならないわけではありません!

 現役時代の給与を含む雇用条件を見直すことは違法ではありません。

継続雇用の意向確認と雇用条件の提示

「意向のあった者」ではなく、「希望のあった者」を全員雇用する。これが、「希望者全員雇用制度」です。

つまり継続勤務をしたいという「意向のあった者」に「もれなく雇用条件を提示する」をすれば、よいのです

しかも、この法改正には、経過措置があります!

 H25年4月から適用ですが、いきなり全員65歳まで再雇用ではありません。 この労使協定の「基準の廃止」には、経過措置あります。例えば、平成25年4月1日~平成28年3月31日までの3年間は、61歳までは希望者全員の再雇用が義務ですが、61歳以降は労使協定の基準が使えます。

※注)令和3年追記:これらの経過措置は労使協定を締結していた企業に限られ、平成28年3月31日までに労使協定を締結していない場合は原則どおりの65歳まで希望者全員の再雇用が義務となります。

【平成25年4月1日~平成28年3月31日の場合】

労使協定を締結し段階的に引上げ

まずは、61歳までが、原則全員 再雇用

経過措置

          平成25年4月1日 ~ 平成28年3月31日 61歳
          平成28年4月1日 ~ 平成31年3月31日 62歳
          平成31年4月1日 ~ 平成34年3月31日 63歳
          平成34年4月1日 ~ 平成37年3月31日 64歳
          平成37年4月1日 ~ 完全施行(希望者全員の65歳までの継続雇用)

【参考リンク】

「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案」の概要(厚生労働省)」

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/soumu/houritu/dl/180-21.pdf

特定求職者雇用開発助成金についてのニュースはこちら

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
再雇用 , 定年 , 高齢者雇用 ,
   

関連記事

2023.10.31
厚生労働省のキャンペーン施策(11月)
2023.10.12
令和5年12月1日よりアルコールチェック義務化へ
2023.08.10
│先取り!令和6年4月1日改正│ 「労働条件の明示」ルールが変わります
2023.05.10
60時間超の割増率変更(25%→50%)に伴う社会保険の随時改定(月額変更届)の取り扱いについて
2023.04.20
2024年4月1日から労働条件明示のルールが変わります
2023.04.03
2023年4月から出産育児一時金が50万円に増額
2023.03.12
今後の障害者雇用率について
2022.12.23
専門業務型裁量労働制の適用時に本人同意が必要となります
2022.11.22
令和4年12月上旬にも雇用保険法関連の助成金が見直しの方向
2022.11.10
令和5年4月より、デジタル給与制度が開始します