】~就業規則の重要性~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡 つばさ>

よつば総合法律事務所 弁護士の村岡つばさです。

6月2日に、エフピオさんとのコラボセミナーで、「就業規則総点検セミナー」を開催します。

おそらく、本コラムをご覧いただいているのは、セミナー開催後かと思いますが、今回は、就業規則の重要性について、弁護士の立場からお話させていただきます。

◆就業規則がないとどのような不都合があるか?

一番大きいのは、「懲戒処分」です。現在の裁判所の運用では、就業規則が存在しない会社では、懲戒処分(制裁的な意味合いを持つ処分)を科すことはできないと解されています。

無断欠勤、遅刻、さぼり、職場内でのトラブル、横領等々、従業員を雇用する以上、様々な問題行動が発生しますが、就業規則がないと、懲戒処分を行うことができません。問題行動を野放しにせざるをえず、企業秩序が守れない危険性があります。

そのため、法律上の作成義務がない会社であっても、就業規則を作成することをお勧めしています。

◆就業規則、作れば大丈夫だよね?

実は、作っただけでは不十分で、労働者に「周知」させないと、効力が生じません。

「周知」とは、何も全員に交付するとか、確認してもらうまでの必要はなく、「労働者が見ようと思えばすぐに見れる」状態であればOKです。

実際には、就業規則の保管場所(PCの共有フォルダでもOKです)を従業員に伝え、いつでも見れるようにしておけば十分です。「保管場所を聞いていない!」と言われることもあるので、雇用契約書・労働条件通知書に、就業規則の保管場所を明記しておくということも考えられます。

◆大分前に就業規則を作ったまま放置しているけど、大丈夫?

一度、賃金規程と併せて、内容を点検される(点検をお願いする)ことをお勧めします。

就業規則を作成した頃と、現在とで、会社内のルール、運用が変わっていることも多くあります。

特に、賞与・退職金の有無や、手当の有無、昇給の有無等、作成当初からルールが変わっていませんか?

社内のルールを変更した場合、それに合わせて就業規則・賃金規程を変更していないと、ルールの変更を従業員に主張できないことがあります。

また、雇用契約書の記載内容と、就業規則・賃金規程の記載内容とがずれている場合も危険です(変更未了の就業規則・賃金規程の内容が、雇用契約の内容となってしまう可能性があります。)。

就業規則の作成・変更が大分前の場合には、一度エフピオさんにご相談されることをお勧めします!

お問い合わせ

よつば総合法律事務所千葉事務所 弁護士 村岡つばさ
TEL:043-306-1110(エフピオの法律コラムを見た、とお伝えください)
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番地13号
千葉大栄ビル7階(※柏にも事務所がございます。)

村岡 つばさ
よつば総合法律事務所
弁護士
【略歴】
埼玉県戸田市にて出生
私立鎌倉学園中学校/ 高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業 慶應義塾大学法科大学院卒業
司法試験合格後よつば総合法律事務所へ入所。
企業法務を積極的に取り組み、特に労務分野に明るく、
千葉県社労士会で講演活動を行うなど精力的に活躍中。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
就業規則 ,