】~契約書チェックの重要性-その②~<よつば総合法律事務所 弁護士 村岡 つばさ>

よつば総合法律事務所 弁護士の村岡つばさです。

1 はじめに

前回の記事に引き続き、今回も、自社で契約書チェックをする際に最低限確認いただきたいポイントをお話させていただきます。

2 ポイント②-必要な条文はすべて入っているか?

リーガルチェックをしていて、「条文が全然足りない!」という契約書を良くみます。

勿論、全部が全部、詳細な契約書を作る必要まではありませんが、最低限、以下の条項は、秘密保持契約等の類型を除き、どの契約書にも共通して必要かと思います。

■契約内容

→特に、業務委託契約なのに、委託業務の内容が明記されていないケースが多いです。

■代金の支払時期、支払方法

→個別の発注書等で定めるということでも構いませんが、何も記載されていないと、揉めることがあります。実費の負担関係についても、良く揉めます。また、契約が途中で終了となった場合の代金の処理についても、トラブル防止のため、定めておく必要があります。

■契約期間・更新の有無等

→単発の契約の場合、納期を定めれば足りることもありますが、継続的な契約の場合には、契約期間を定める必要があります。また、自動更新とするか、双方合意の上で更新とするか等、更新についても定めるのが通常です。

■解除事由

→記載されていない契約書が結構多いですが、「どのような場合に契約を解消できるか」という極めて重要な話であるため、記載する必要があります。

■その他(秘密保持、反社会的勢力の排除、存続条項、管轄裁判所等)

→契約類型を問わず、記載することの多い条項です。記載が必須というわけではありませんが、特に理由がなければ、定めておくことをお勧めします。ただし、管轄裁判所については、「どこを管轄裁判所とするか」は慎重に考える必要があります。「相手方の住所地」で設定してしまうと、紛争が生じた場合に、非常に遠い裁判所にて裁判をせざるを得なくなる可能性もございます。いっそのこと、何も定めないのも手だと思います。

3 おわりに

次回からは、契約類型ごとの注意点をお話していきたいと思います。

お問い合わせ

よつば総合法律事務所千葉事務所 弁護士 村岡つばさ
TEL:043-306-1110(エフピオの法律コラムを見た、とお伝えください)
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番地13号
千葉大栄ビル7階(※柏にも事務所がございます。)

村岡 つばさ
よつば総合法律事務所
弁護士
【略歴】
埼玉県戸田市にて出生
私立鎌倉学園中学校/ 高等学校卒業
早稲田大学法学部卒業 慶應義塾大学法科大学院卒業
司法試験合格後よつば総合法律事務所へ入所。
企業法務を積極的に取り組み、特に労務分野に明るく、
千葉県社労士会で講演活動を行うなど精力的に活躍中。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
契約書 ,