】公的年金シミュレーター!?年金の「見える化」Webサイトがオープンしました<コンサルタント 津田千尋>

令和4年4月25日より試験運用が開始された、公的年金シミュレーターをご存じですか?スマートフォンやタブレットで、年金額を試算できるツールとして「公的年金シミュレーター」がリリースされました。

 個人の過去の加入記録に基づく、より詳細な年金の見込額の試算を希望する場合は、従来の「ねんきんネット」の活用を日本年金機構は勧めていますが、より簡単に、スマホを使って年金額を試算するためのツールとして、今回の公的年金シミュレーターが開発されたという背景があります。

では、公的年金シミュレータの特徴をみていきましょう。

■「ねんきん定期便」の二次元コード※を、スマートフォンやタブレットで読み込むだけで利用できます。

■入力や条件設定などの操作が簡単でスムーズです。

■グラフで受給額を表示しながら試算できます。

■ID・パスワードが不要です。

■データ管理も安心・安全です。個人情報は記録されず、画面を閉じるとデータを自動消去されます。

※令和4年4月以降に発行されたねんきん定期便の二次元コードで利用できます。

STEP-1 アクセス方法 ねんきん定期便の二次元コードを読み込みます。

ねんきん定期便がなくても、働き方・暮らし方を入力することで試算が可能です。

STEP-2 生年月日を入力します。

生年月日というと、個人情報を入力することになるので、少し心配になりますが、個人情報は記録されず、画面を閉じることで自動消去されてしまうので、安心です。ねんきん定期便から二次元コードの読込を行わなかった場合は、このあとのページで、働き方・暮らし方を入力するページが開きますので、期間(何歳から何歳まで)、年収、などを入力してから、「試算する」ボタンをクリックします。

STEP-3 年金見込額の表示

上記はPC画面上で、働き方・暮らし方を入力してみた結果です。入力結果から、画面上部に、年金見込み受給額のグラフが表示されます。このグラフは、画面下部のスライドバーと連動しており、後述の3つのスライドバーを動かすことにより、試算条件を変更することができ、年金見込み受給額が変更になります。画面下部には、今後の年収、就労完了年齢、受給開始年齢がそれぞれスライドバーになっていますので、左右に操作することによって、年金の受け取り開始時期を変更してみたりシミュレーションすることができます。

 気になる今後は?というと、現在の試験運用期間から、本格実施まで、もう少し時間がかかるようです。

公的年金シミュレーターは利用者の声やニーズを反映し、利用者満足度を向上させることを目的として、試験運用期間を設けました。今後、利用者視点による改善を行い、本格実施を開始します。税等の概算の一例は本格実施の際に公開する予定です。というようなQ&Aも出ていることから、年金受給開始時の税等の支払額の概算金額の算出機能など、拡張機能のイメージも厚生労働省のホームページで発表されています。

公的年金シミュレータに関する留意点として、下記の点も発表されておりますので、あくまで簡易試算ツールとしての利用を念頭に、ご利用ください。

 公的年金シミュレータは、将来受給可能な年金額を、簡易に試算することを目的としており、実際の年金額とは必ずしも一致しません。試算条件によって年金額が過大・過小に算出される場合があります。より正確な年金見込み額の確認をする場合には日本年金機構の「ねんきんネット」をご利用ください。

お問い合わせは、下記よりお願いいたします。

弊社の記事の無断転載を禁じます。なお、記事内容は掲載日施行の法律・情報に基づいております。本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。社会保険労務士法人エフピオ/株式会社エフピオは本ウェブサイトの利用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。

タグ:
年金 ,